月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

同居人

いつも同じソースの話ばかりだと食傷するだろうと思うので、たまには違う話を・・・。




怖い夢を見た。



夢の中で私は妻とドライブをしていた。どこか見覚えのある、のどかな丘陵の風景。

これは確か・・・
まだ結婚前に妻と旅行した九州の道だ。

私と妻は特に言葉を交わすこともなく、私は何とはなしに懐かしい景色を眺めながらぽんやりと運転をしていた。





と、そのとき、視界に突然、大型の観光バスが現れた。反応が遅れた私は避けきれない! 空しくブレーキの音だけがあたりに響く・・・。





次の瞬間、場面はどんよりと暗い、背景のない空間に変わっていた。

不意に私は、そばに何かが立っていることを感じた。私は直感的に、この何かが、いわゆるあの世の番人のような存在であると理解した。私と妻は事故に巻き込まれ、今、生死の境にあるのだ、と。そのとき、私は初めて、一緒にいたはずの妻の姿が見あたらないことに気付いた。まさか・・・。

私はそいつに、妻を返して欲しい、と懇願した。そいつは、なぜ返して欲しいのか、と私に訊いたが、私はとっさに言葉が思い浮かばなかった。とにかく返して欲しいのだ、と答えると、そいつはこちらに来るように示した。

いつの間に現れたのか、そいつの後ろには扉があった。男は扉を開け、その中に入っていく。扉の中は一転して眩しいほどの光に溢れ、私はしばらく視界を失った。





目が慣れると、そこはプールのように浅く水を張った空間で、水面には夥しい数の屍体が整然と浮かべられているのが分かった。男は私に、その中から一人だけ連れてくるようにと言った。どの屍体も、苦痛も快楽も顔に浮かべることなく、ただ無表情に瞼を閉じて並んでいる。白い光に照らされた屍体は、まるでショーケースに陳列されたマネキン人形のように見えた。

私はその中から、必死に妻を探した。

だが・・・
見つからない・・・

いや、見つからないのではないのだ。探せないのだ。
妻を探したくても、妻の顔が思い出せない。なぜだ・・・。

焦るな。顔を見れば分かるはずだ。
自分にそう言い聞かせて、私は必死に一体一体の顔を見て回った。あてもなく一つ、また一つと、無表情に目を閉じた、どれも同じような顔を見てはさらに焦りを募らせていく。私は、ただひたすらに屍体の海を掻き分け、屍体の海の中でもがき続けていた・・・。





夢から覚めたときは、寝汗をびっしょりとかいていた。半身を起こすと、薄明かりの中に見慣れたいつもの部屋の光景が見える。私の隣では、微かに妻の寝息が聞こえた。

イヤな夢だった・・・。

私は、気持ちを落ち着かせ、夢の記憶を思い返してみる。そういえば、そろそろ結婚記念日が近いのかもしれない。いや、妻の誕生日の方だったか・・・。

結婚したらまた行こうと話していた九州旅行もあれ以来、実現していないな。

妻の顔は・・・
大丈夫だ。ちゃんと記憶にある。あの旅行に行ったときは、まだ初春だというのにもうすでに汗ばむほどに暑く、おいしそうにソフトクリームをほおばっていたよな・・・。



不意に私は、隣で寝ていた妻に近づき、その顔を覗き込んだ。





ダレナンダ、コレハイッタイ・・・

スポンサーサイト
  1. 2005/04/13(水) 23:19:59|
  2. 出典??|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
<<同じ夢を続けてみる話 | ホーム | そしてここが新しい家・・・>>

コメント

これはあれですか
違う女性と寝てしまったというオチですか?ようわからん。
  1. 2005/04/14(木) 15:44:37 |
  2. URL |
  3. P #VWFaYlLU
  4. [ 編集]
色々解釈できるけど
夢だと思っていたのが、実は夢じゃなくて、結局誰か分からない誰かを選んで連れて帰ってきていた。でもやっぱり元の妻ではなく、誰か分からない、とか。
  1. 2005/04/14(木) 19:42:04 |
  2. URL |
  3. jisx6004 #mQop/nM.
  4. [ 編集]
一番恐ろしい解釈は・・・
結婚すると嫁の顔なんて誰も見なくなるし、嫁は嫁でそれを良いことにぶくぶくと太っていくという、誰もが経験し得る現実というところですかなwww

・・・って、それ、怪談って言わないか
  1. 2005/04/14(木) 20:25:09 |
  2. URL |
  3. 幽二郎 #-
  4. [ 編集]
なんか実感こもってないですか幽さん
  1. 2005/04/15(金) 00:50:55 |
  2. URL |
  3. jisx6004 #mQop/nM.
  4. [ 編集]
ははは、それは
気のせいですわよ、いやですわwww
  1. 2005/04/15(金) 08:09:38 |
  2. URL |
  3. 幽 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ujiro.blog7.fc2.com/tb.php/9-6251187b

幽二郎

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。