月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

必ずしも素晴らしい人間にならなくても良いと死者が語る

普通の人であれば誰だってなるべくは良い人でありたいと思うわけだ。自分の生の限り自分なりには精一杯に生きて周りの人に良い影響を与えるような人になりたい、周りの人の助けとなりたい。そんなふうに心の底では願い、そしてそのあまりに理想的な理想は当然に満たされず失望することが多いのだが。

だがしかし、もしあなたが周りの人にとって素晴らしい存在、周りの人の大きな支えとなる存在であればあるほど、皮肉なことにもしもあなたを失ったときの周囲の人が受ける傷は大きい。

人間は弱いようで強いから、たいていの人はそうした傷をいつかは乗り越え、そしてその傷を乗り越えたときその人はあなたを失う前の自身よりもさらに一回り成長した姿を見せてくれる。だけどしかし、運悪く人生の大切な時期、あなたを失うにはまだ早すぎる時期にあなたを失ってしまった人は、最後にはその傷を乗り越えることができるのかもしれないけど、その傷を乗り越えるためだけにほとんどの人生を費やしてしまうというようなことになってしまうことはないのだろうか?

生きている限りは精一杯、理想に近付こうとする生者の努力は全く否定できるものではないし、何よりもその姿は美しい。だけど、たまにはその歩みを止めても良い。いやむしろときには止めてみるべきだと思う。

死者に語りかけ、死者を弔うようでいて、実は耳を澄まして声を聞かなくてはいけないのは私たちの方なのかもしれない。還らなくても迎えなくても死者からのメッセージというものは確かに存在するのだろう。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/12(日) 02:13:06|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<顔キレイナビ | ホーム | ブログの本当の怖さを知っていますか?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ujiro.blog7.fc2.com/tb.php/68-003afa0c

幽二郎

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。