月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「怪談新耳袋」と黒川芽以

夏だ!お盆だ!

ということで、最近はよく怖い系のDVDをレンタルしてきたりなんかしている。特に今年は何となく和物っぽい気分で、「怪談新耳袋」シリーズあたりでも制覇してみようかな、なんて思っていたり。なんで、たまにはちょっと趣向を変えてそんな話題でも(あんまり毎回、「意識が・・無意識が・・」とか言ってるのもアレだしw)。

「怪談新耳袋」というのは1話5~10分程度の怪談を何話も詰め込んだ超ショートフィルム集で、元々、1話1,2ページの怪談を何話も詰め込んだ書籍であったものを映像化したものなのだが、はっきり言って書籍よりも映像化されたものの方が断然、良い。一般的には活字をビジュアル化しても活字を超えられないということの方が普通なので、ここまで圧倒的に活字媒体よりも映像媒体の方が優れている例も珍しかろう。まあ、単に活字媒体の方がレベルが低すぎるだけなのかもしれないが。

正直言って、活字媒体の「新耳袋」シリーズは怖くもなければ面白くもなく、個人的には立ち読みするのさえ苦痛を感じるシロモノで、何でこんなものが売れているのかさっぱり理解できないのである。ただ、これは「耳袋」シリーズの制作者がダメダメだということではなく、彼らの名誉を擁護するならば、大体からして「怪談」というもの自体が、実はもっとも活字化が難しい物語ジャンルなのだから。

そもそも恐怖体験というものは、実際に恐怖を体験するからこそ怖いのであって、それを言葉で伝えるというのは極めて難しい。もし、あなたが暗がりで血まみれの女性の幽霊を見たらそれはもう問答無用に恐ろしいことだと思うが、それがお話として血まみれの女性の幽霊が出たよ、と聞かされるだけでは怖くも何ともないことは容易に察せられることと思う。
(そして、活字媒体の「耳袋」はまさにそういう単に「幽霊が出たんだって!怖いでしょ!?」というような話を延々と綴っているだけなのが怖くも面白くもない理由なのだが・・・)

それを補うためにはどうしても表現上のテクニックというものが必要になるのであり、そのため多くの怪談は元々「語り」によって伝えられてきたわけだし、あえて文章にしようと試みる人たちは文章表現のテクニックを盛り込んで恐怖の演出に腐心してきたわけだ。ただ、そうは言っても、やっぱりこういう素朴な怪談を伝えるにあたって何よりも強力な表現上の武器を有しているのがやっぱりAV(映像と音声)だろう。そしてまた逆に、複雑な構成や巧妙な仕掛けを設置しにくいAV的表現が、恐怖の表現において活字に対して最も大きなアドバンテージを持つのもこうした素朴な「怪談」の映像化にあることも言えるわけだ。そう考えると、映像化された新耳袋が活字を圧倒し、案外に素晴らしいものになっていたとしても何の不思議もないわけである。

さてさて、以前に新耳袋批判を少々書いたので今日は擁護するつもりが話が少々、散らばってしまったが、とにかくDVDの「怪談新耳袋」は意外にも結構、面白いのである。ただ、この評価はあくまでも暫定的なもの、と言っておかなくてはなるまい。というのは、私は今までにまだ「三人来るぞ編」、「ふたりぼっち編」、「第2夜」と「幽霊マンション」(これだけは劇場公開用の長編物)、および現在テレビで再放送中の何話かしか見ていないのだから。そして、ちょっと詳しい人ならこれだけでは決して全体を語れないということもよく分かるだろう。特に最初に挙げた2編は、いずれも「第4シリーズ」という特定時期に制作されたもので監督こそ各話バラバラであるものの、何よりも大きな特徴として、ほとんどの主演が黒川芽以なのだ!
(そして劇場用の「幽霊マンション」も主演は黒川芽以!)

要するに、私は「新耳袋」が良い、と言っているのではなく、「黒川芽以」が良い、と言っている可能性があるわけで、事実、「黒川芽以」の話と非「黒川芽以」の話を比べた場合、今のところの評価としてそのように断定せざるを得ないように感じていたりもするのだ。

こんなことを書くと、このアイドルオタクが何を言うか、みたいに思われるかもしれないのでまず私は断じてアイドルオタクなどではないことを断っておく。いや、もちろんアイドル(というか可愛い女の子)は無条件に好きだし、若い女の子でもほぼ無条件に好きだし、そもそも女性に対するストライクゾーン自体が聖人並みに広い心の持ち主なのかもしれないが、そんなことはともかく、実際、黒川芽以は実に良い雰囲気を映像に添えるのである。「三人来るぞ編」の方を見たのは結構前でそのときにも「良いねぇ~」と思っていたのだが、時間をおいて「ふたりぼっち編」を見てそれは確信に変わり、その後、比較対象としての「第二夜」を見てそれは今や断定へと行き着いた。ホラー映画はヒロインが重要!ということに同意してくれる人は多いと思うが、まさに黒川芽以こそは現代日本におけるホラーヒロインの女王たるにふさわしい、とまで言い切ってしまおう。

ホラーヒロインの絶対条件はまず何よりも可愛くなくてはならないわけだが、単に可愛ければ良いというものでは当然無い。演技力も必要?そんなことも女優であるからには当然である。だが、可愛くて演技がうまいだけなら他にもざらにいる。(実際、「第二夜」の最初の話に出ていた内山理名だって可愛いし好演を見せていて個人的には大好きだし、「ねぼけ眼」の榮倉奈々もその愛くるしさに悶絶しそうになったし、年齢が高いところで言えば「帰ってきた」の中原翔子の背中からの眺めには主人公同様にニヤケが止まらなかったし、「スナップ写真」のお化け役の女の子でさえ・・・ってもうええっちゅーねんw)

私がホラーヒロインとして黒川芽以をなぜにここまで評価するのか。それは何というか、「びみょ~」なところにあるような気がする。たとえばルックス。テカった唇の大写しから始まる「ふたりぼっち編」第一話での彼女は大変に明るく可愛らしいが、そうかと思えば「幽霊マンション」で背中を丸め髪をひっつめた陰気な姿などは最近、話題を振りまいた某殺人事件の容疑者(を逮捕前にキレイに撮った絵w)にそっくりだ。元々、芸能人なんて化粧とライティング次第で監督の好きなように絵を作れてしまうのだろうし、また本人の演技や役作りによっても見せ方を大きく変えられるという面はあるのだろうけど、彼女のルックス変化はそういうのとはまた少し違ったもののような気がするのだ。

たとえば、健全なルックス変化の例として、少々、極端だが「特命係長・只野仁」におけるカッコイイ高橋克典とカッコ悪い高橋克典を考えてみよう(って、なんでわざわざそんな変な例を?とか言われそうだが個人的なシュミなんで我慢してくれたまえ)。この場合、見え方こそ変化はするものの、基本的にはその両者はどちらも同じ高橋克典の同じ面(おそらく「役者」という面)に由来するわけで、我々は、彼がカッコイイ状態とカッコ悪い状態を往復するという不安定なドラマを確かな安心感を持って見ることができるわけだ。

ところが黒川芽以の場合はどうだろう?その変化の質はあたかも太陽と月を見るかのようで、まるで違う人間を見てるような錯覚すら覚え、到底、安心感を持って見ることなど出来ない。彼女がただそこにいるだけで、不安定なものが不安定なまま突きつけられる言いしれぬ不安感をムードとして感じさせられることになるわけだ。

そうした不安定性、二面性は、彼女の立ち位置にも自然、にじみ出てくることになる。伝統的なホラー映画のヒロインというのは、徹底してヒロインであり被害者であり正義であった。過去のホラー映画を心底コケにしきった「スクリーム」においてさえもまだ、ヒロインは観客との間に正義を共有していた。最近ではもちろん、そういうパターン破壊は平気で行われるようになり、立ち位置の入れ替わり---つまり、ヒロインであったはずのものが実は怪物だった---というようなことは珍しくないどころか陳腐ささえ感じさせる「テクニック」となっているわけだが、それはあくまでも単なるお話の中の演出であって、実際に我々に、その雰囲気においてこちら側の人であるかあちら側の人であるか、そのブレによる不安を体現して見せてくれる作品や役者はまだほとんど存在していないのではないだろうか?そして、そういう曖昧で微妙な雰囲気を空気として一人で実現できてしまうヒロインこそが新耳袋における黒川芽以なのである・・・という可能性を、少し感じた。

だが、今のところ、そうした空気感はショートフィルムでしか有効に活用されていないような気がして残念に思う。怪談のショートフィルムはある意味、雰囲気が全てなので、怪談向きでない役者さんを使えばそれだけで怪談としてはぶち壊しだし(例:「一滴の血」、「現場調書」、「電車」)、逆も真(「あいさつ」)となる。ところが、長編では雰囲気だけで話を作っていくことは難しいためか、あるいは制作スタッフが張り切りすぎてしまうのか、どうしてもお話を作り込みたくなってしまうようだ。

その最たる例が「幽霊マンション」だろう。あれは黒川芽以の雰囲気をストーリーで再表現するというまるでコントの解説のようなことになってしまっていて、要するに非常にくどい。本当は雰囲気を邪魔しない程度のお話を添えれば良かったところをやりすぎてしまったために、全てがギャグっぽく見えるのである。黒川芽以のサングラスとか、吹越満のマッチ棒ならべとかの小細工が逆効果にしかなっていなかったのは本当に残念だ。

まあただ、「幽霊マンション」の場合は役者を活かすとかそういうこと以前の問題で、話と脚本の出来がいまいち過ぎるというのもあるのだが(脚本担当の女性の方が私的には大変、好みだったりするのでこの点の文句はあまり言いたくないのだがw)。話の構成的な点で最大の疑問点を挙げれば、最初だけ倒叙的に話を構成したりテロップを入れたりしているところ。あの構成に何の意味があるのかはまるで理解できなかった。ああいうやり方のおかげで最初の5分を見ただけで一気に空気はギャグ映画の方に張り付いてしまい、全く興ざめなのである。もし構成に凝りたいのであれば、それこそエピソードの寄せ集めを無理矢理1本にせずにしっかりとしたオムニバスでやれば良かったのに、と思えてならない。

また、内容的な点で言えば、敵がそもそもたかが小娘の霊のくせに霊力がやたら滅多に強い点も無理がありすぎる。あそこまで理不尽な仕打ちを受ければ人間、恐怖よりも怒りが湧いてくるものであり、観客は怒りを感じるのにそれを無視して登場人物が勝手に「怖い怖い」と盛り上がれば、観客の方は「もうお前らなんて知らない」と全く映画に入り込めなくなってしまうというものだ。そもそも幽霊役の女の子も普通に美形でルックス的に怖くなかったしねぇ。美少女女子高生の幽霊が制服姿で表れて怖がれ、と言われてもそりゃ無理ってもんでしょw

そういうわけで、「幽霊マンション」は残念ながら恐怖映画としては私は評価しないが、黒川芽以礼賛映画として見るならばかなり良い映画となり得るのかもしれない。彼女の明るい面の魅力はあまり楽しめないものの、ある一面の魅力は十二分に引き出されているので、もしもっと若い時分に見ていたなら一番好きな「青春映画」になっていた可能性すらあるかもしれないと感じた。ちょうど、原田知世の「時をかける少女」がそうなったかのように・・・。まあ、多少、大げさに書いているきらいはあるものの、少なくとも映画が終わった後、主題歌CDでも買ってしまおうか、という気にはさせられるほどの、プライベートな青春映画的な要素は存在しているのである。

話がさっぱりまとまらなくなってしまった・・・。

せっかくだから私が見た新耳袋の他の話についても小評でもつけておこう。すでに御覧になった方は、ご自身の評価と比較して私のズレっぷりを笑って楽しんでいただければと思う。


★ 第2夜
総評:最初の話は良かったんだけど、怪談的にはどんどんテンションが下がっていくような感じ。最後の方で多少、盛り返してはくれたけど・・・。

「さとり」
新しさはないけど結構、好き。手堅い。良いんじゃない。
内山理名、可愛いしw

「待ち時間」
ちょっと消化不良っぽい。この程度の後日談なら、ない方が良いかな?

「第三診療室 前編」「第三診療室 後編」
悪くはないけど2話使うほどの話か?もっとエロイ方が良いのにw

「忘れ物」
田畑智子の好演が無駄死にって感じ。
まあ、そもそも彼女はNHKのドラマとかの方が良いのかもしれないが。

「電車」
もっと面白い話にできるネタだと思うんだけどねぇ・・・。
女の喋りが無駄に長い。でも実際、女の喋りってそんなもんかw

「一滴の血」
意味不明だが深みがないのでムカツクだけw

「石つぶて」
悪くはないけど怖くはない。ナレーションとか演出が大仰過ぎ。

「恋人」
安っぽい特撮が全てを台無しに
あれじゃ、どう見ても笑うところだろw

「百物語の取材」
まあ結構、良い方。オチがストレートなんで、もう一趣向、何か欲しかった。


★ 三人来るぞ編
総評:どれも手堅く、普通に怪談として楽しめる。最初の話を楽しめる人なら満足度は高いと思う。全体の流れも良いし、新耳袋シリーズの初見がこれだった私はラッキーだったかも。

「オルゴール」
私が見た新耳袋の中では「訪問者」と並んで恐怖度は最上位ランクの話。
ただ、新耳袋では非常にありがちなオチがない話なので、この話を楽しめるかどうかで、新耳袋的なものが楽しめるかどうかが決まる。

「スナップ写真」
何となくもんぺに萌えたw
話としてもありがちではあるけどうまくまとめていると思う。

「隣りの女」
悪くないね。
結構、それなりに怖かったはずなのにあまり印象に残っていないのはなぜだろう?

「ヘアピン」
うん、これも結構、怖い。

「あいさつ」
あまり怖くはないけど良い味出てる。

「舞ちゃんの声」
いやさぁ、個人的にはこういう趣向、キライじゃないけどねぇ。
怪談ではないわな。

「ねぼけ眼」
女の子の可愛さだけはよく覚えているw
話としても悪くはなかったように記憶している。

「二週目」
まあありがちだわな。悪くはないけど。

「吊り下がる」
まあ悪くはなかった(はず)。

「三人来るぞ」
悪くなかったと思うけど、詳細はいまいち思い出せないや・・。


★ ふたりぼっち編
総評:純粋な怖い系の話が少ないので、怪談を楽しみたいなら「三人~」の方が良いかもしれない。私と同じような趣味の人は「訪問者」と後半の芽以ちゃん祭りだけでも見る価値ありだが。

「お初天神の幽霊」
とりあえずペ・ヨンジュンみたいなエロガキが芽以ちゃんと共演しているのがムカつくw

「訪問者」
怖いね。文句のない出来映え。
女の子が二人とも超可愛いしw

「欠席届」
ありがちな話なだけに工夫が足りないね。

「帰ってきた」
悪くない。でももっとエロくても良かったw

「終電」
これも悪くはない。楽しめた。

「約束」
もうちょいひねりが欲しいかな。

「ふたりぼっち」
やっぱ芽以ちゃん出ると締まるね。
お化けのルックスが「訪問者」と一緒っぽいのには萎えるけどw

「未放送」
これも悪くはないけど、もうちょい怖さを追求して欲しかった。
あと、男のビビリ演技が下手すぎなのは何とかして欲しい。
手が震えすぎ。お前はヤク中か!とw

「獣の臭い」
この話では、芽以ちゃんはもっと怖がる一辺倒の方が良かったかな?とは思うけど、悪くはない。

「青いレインコート」
後日談とか説明が欲しくなる話。
とりあえず先輩、羨ましすぎ。私が先輩だったら放映できない話になっていたのは間違いないw
このDVDで、「訪問者」よりこっちの方が印象に残った、という人は、たぶん「ナポリタン」とか大好きなんじゃないでしょうか?

<PS>
そうそう、新耳袋のDVD、なにげにおまけが結構、楽しめる。副音声で制作者の解説や雑談のコメントを聞きながら本編を見れるという趣向はとても良い。原作者が暗いところで喋るだけの一人怪談もヘタすると本編以上に楽しめるし。

でも、メイキングとかオーディオコメンタリーとか見てると、スタッフとかは芽以ちゃんをそんなに高く評価していなそうなところが透けて見えてちょっと悲しい。メイキング見てるとちょっと電波っぽいようなこと言ってたりもするし、もしかしたら共演者やスタッフに好かれるタイプの子ではないんですかねぇ・・・。

<追記>
ケツメイシの「男女6人夏物語」という曲のPVに黒川芽以が出演しているということを聞いたのでちょっと見てみた。ホラーもんばっかり見てああだこうだ言うのもかわいそうだしw

う~ん・・・幽霊マンションでは役作りでやっているのかと思っていたんだけど、ちょい猫背っぽいのはデフォルトだったのかも?若いときはどんな姿勢でもそれなりに見えるけど、年取ってくると姿勢は響くから長く女優をやるつもりならちょっと気をつけた方が良いんジャマイカ?と思った。いや、余計なお世話ですが。

あと、どんな話か忘れていた「三人来るぞ」も再見。良いじゃないですか。これはお化け視点で何度も見て楽しむものだねw
スポンサーサイト
  1. 2006/08/13(日) 01:13:28|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<「猿夢」後の物語---「恐怖のナポリタン」の夢解釈(後編) | ホーム | 変人はサンタクロース>>

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/05/05(日) 23:15:42 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ujiro.blog7.fc2.com/tb.php/58-739357d2

幽二郎

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。