月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ループする恐怖

今日はちょっと時間があったので、「耳袋」のDVDを見てみた。私は実は、「耳袋」のシリーズはあまり好きではなく、本の方はほとんど読んだことがない。どうもあれは、怪談というのとはちょっと違うような気がするからである。例えば、グロ写真を何枚も見せられたとすれば、それは確かに怖い思いはできるかもしれないけど、そこで得られる恐怖に何ら知的な楽しみはない。「耳袋」のシリーズにも、似たようなテイストを感じるのだ。確かにそれなりに怖い思いはできるのだが、「幽霊の話、聞きたいんでしょ?良いですよ、してあげましょう。幽霊が出ましたよ、おしまい。どうです?」と言われているような感じで、基本的に物語になっていないというか、むしろ写真を見せられているかのような気がしてしまう。ただ、私の「耳袋」のシリーズに対する知識は、本屋で1、2冊パラパラと立ち読みした程度のものなので、もしかしたら私が手に取ったものがたまたま、そういう短編をまとめただけなのかもしれないが・・・。

さてさて、今日見たDVDでも思ったのだけど、最近の現代的な怪談には、恐怖を発生させる装置として「ループ」を使っているものが結構、多いような気がする。「ループ」とは言うまでもなく、繰り返し同じことが起こることで、例えばこんな話だ。




ある女の子が、田舎で老人から民話の聞き取りをしている。二人が田舎道を歩きながら話をしていると、向こうの方から別の老人が歩いてきた。二人がその老人と挨拶を交わしてしばらく歩くと、また向こうの方からさっきと同じ老人が歩いてくる。しかし、女の子と一緒にいる老人は全く動ずる風もなく、さっきと同じように挨拶を交わし、また道を歩いていく。すると、三度、さっきの老人が道の向こうから歩いて来るではないか。女の子には何が何だか、全く訳が分からない・・・。




他にも、耳袋にも収録されていたが、タクシーが一晩に同じような客を何度も乗せて同じようなところをぐるぐると回る話なんかが、こういうタイプの怪談として有名だ。なお、タクシーの怪談は、明確にループ---つまり、全く同じことが繰り返され、時間の進展がないように感じられる---として描かれる場合と、シンクロニシティー---似たようなことがたまたま同時期に多発する---として描かれる場合があり、怪談というよりもシンクロニシティーのような不思議な体験をした話、として語られることも多い。

すぐには思い出せないが、民話にも確かにこういうループを描く話はあったかとは思うが、やはりこの「ループ」というのは、現代の怪談に目立つ特徴と言えると思う。では、なぜ、現代の怪談はループを好むのか。この理由は非常に簡単なように思える。

そもそも、こういう怪談ブログで書くのも変な話だが、テクノロジーが発展し、闇と夜が消えた現代のこの世の中、幽霊がいますよ、と言っても、そうホイホイと恐怖を感じてもらえるものではない。妖怪などはすでに絶滅危惧種として保護対象にまでなっている。この辺が、都市部では怪談よりも都市伝説の方がフォークロアとして幅をきかせている理由でもある、なんてことは改めて言うまでもないことであるが、現代の怪談でループが好まれる理由も根っこは同じところにある。

今のご時世で、怪談の中に幽霊を出すともなると、まずもって、その幽霊のリアリティーを出すことにエライ苦労をしないといけないわけだ。そしてさらに上、その幽霊に奇想天外なオチまでつけてやらないと恐怖は感じてもらえず、ずいぶんと割に合わないことになってしまうのだが、その点、ループは楽だ。何だって良い。とにかく、日常体験をループさせてしまえば、それだけで怪談が成立するのだ。

例えば、あなたが学生だったとしよう。1時間目が終わって、2時間目の始業のベルが鳴る。すると、驚いたことに、1時間目と同じ先生が1時間目と同じように入ってきて、1時間目と同じような挨拶から始める。あなたは、何か悪い冗談か、とも思い、周囲の友人の反応を見るが、誰も気にしているふうはない。あなたは、隣の友人を突いて、こっそり聞いてみる。「今日って、何かあったっけ?エイプリルフールとかじゃないよね?」友人はぽかーんとした顔であなたを見つめる。あなたは、自分も何でもないふうを装い、ともかくも授業を受ける。そうして、3時間目。まさかと思っていたら、そのまさか!またさっきと同じ先生が同じようにやってきて同じように挨拶をする・・・。一体、これは・・・!?

と、まあ、こんな感じ。他にも、会社の社長が毎日、全く同じ訓辞をする、とかでも良いし、昼飯食ったばかりのおばあちゃんがまた昼飯を出せと言い出す、とかでも良いだろう(笑)。何だって簡単に怪談になってしまうのだ。これは便利だ。もし百物語なんかに呼ばれでもしたら、ネタは忘れても良いが、「ループ」だけは忘れてはダメだ。これさえあれば何話だって怪談が作れる。そんなパターンで何話か話した後、「それさっき聞いたよ」って言われたら、すかさずこう言おう。「え・・・?オレ、これ話すの初めてだけど・・・」

にしても、ループはなんでこんなにも簡単に怪談になるのだろうか。私は、それこそはまさに人間が本質的に怪談が好きな生き物であることの証明になるような気がしてならない。そう、人間とはいつでも怖い体験を、すなわち「非日常」を求めているのだ。毎日毎日、同じことばかりが続く、見飽きた退屈な日々。だが、ここに魔法があった!そのまさに見慣れた日常が、単に繰り返すのではなく、ぴったり正確に繰り返したそのとき・・・それはあり得ない非日常へと劇的に転化するのだ!

日常は本来、繰り返すものである。だから、日常が繰り返すことに対して、我々は説明不要にリアリティーを感じる。そして、日常は変わらない。夜がなくなれば妖怪は棲み家をなくすし、闇がなくなれば幽霊は行き所を失う。彼ら、非日常性の住人は極めて環境変化に弱い存在なのだ。ところが、ゴキブリなみの生命力を持つ日常は、いついかなるときでも我々と共に力強く存在する。日常と繰り返し・・・その一見、ありふれた道具を正確に組み合わせることで、我々が飽いていたその繰り返す日常に鋭い亀裂が走り、我々を非日常へと誘ってくれるのだ。

あなた、今、退屈で窒息しそうになっていませんか? そんなときは、ループの魔法を思い出してください。そう、手始めに、まず、明日、今日と全く同じ服を着て、全く同じ電車の全く同じ車両に乗って、全く同じつり革に全く同じようにつかまってみましょう。そうして、明後日も明明後日もまた全く同じように・・・。いずれ、誰かが、全く正確にループするあなたに気付いて驚嘆することでしょう。彼にとって非日常の驚きが現れ、そしてそのとき・・・あなたも非日常の住人に仲間入りするわけです。

・・・・・え?

今日と同じつり革には、すでに可愛い女の子が捕まっていたって?

女の子が捕まっているんでしょ?

助けてあげましょうよ。

それは電車男という素敵な非日常の始まりですよ・・・。

(なわけねーだろっ! > オレ
スポンサーサイト
  1. 2005/08/21(日) 23:23:24|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10
<<非常に恐ろしいこと | ホーム | なぜ夢の中の死はリアルの死を含意するようになったか(ホラー映画史評)>>

コメント

ホラー祭りにご参加くださいまして、ありがとうございました。
おかげさまで、皆さんから大不評をいただいてしまいました・・・
大変すいませんでした。

お口直しといってはなんですが、番外編として別の写真をご用意しました。

もう、アノ娘は掲載しておりません。

なぜなら、アノ娘を超える恐い写真だからです(違う意味での恐い)

それでは心の準備ができましたら、お開きください。

  1. 2005/08/22(月) 05:28:55 |
  2. URL |
  3. ウテシです #-
  4. [ 編集]
大不評だなんてとんでもない!
いやいや、ホラーはあれくらいのインパクトが良いんですよ。大変、楽しませていただきました。

さて・・・心の準備をして、第2弾にチャレンジしてみますね。(どきどきw)
  1. 2005/08/22(月) 12:48:16 |
  2. URL |
  3. Uジロー #-
  4. [ 編集]
いい出会い、したいよねっ!!(´∀`)疾花?-(´∀`)?-
こんなところどうですか?( ̄∀ ̄)v
>>>>http://womanline.cx<<<<<
良質サイトで彼女をゲット(;´Д`)払払
  1. 2005/08/23(火) 11:07:35 |
  2. URL |
  3. 闇に蠢く名も無きもの #-
  4. [ 編集]
大ヒンシュク、大ブーイング、しかも大コケした『ホラー祭り2005夏』にお付き合いくださいました、誠にありがとうございました。

さて、皆さんをご立腹、不快にしてしまったお詫びとして、ここで
『読者登録、コメント来訪者限定、慰安感謝祭り』
を開催したいと思います。

次の色から、大好きな色を一つだけ選び、コメントで返してください。

折り返し、どのような性格をされているかコメントでお返事いたします。


この性格判断はすさまじいモノで、わたしの周囲の人間も、あまりの的中に恐怖におののいておりました。

その恐怖といったら、アノ娘(落井戸妖子)以上でございます。

それでは色を選んで、コメントで送ってください。



青 赤 むらさき 

黄 ピンク オレンジ 緑 

白 黒 茶
  1. 2005/08/23(火) 16:15:06 |
  2. URL |
  3. ウテシです #-
  4. [ 編集]
むむむ、面白そうな企画ですね!
ウテシさんのブログの方に書けば良いのかな?一応、ここにも書いておきます。

好きな色は青ですね。
(でもあまり似合わないんですよね・・・orz)
  1. 2005/08/23(火) 16:20:07 |
  2. URL |
  3. 幽二郎 #-
  4. [ 編集]
新耳袋ねw
  1. 2007/10/26(金) 07:23:03 |
  2. URL |
  3. 闇に蠢く名も無きもの #-
  4. [ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2007/11/24(土) 03:49:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2007/11/24(土) 03:49:59 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2007/11/24(土) 03:50:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2007/11/24(土) 03:50:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ujiro.blog7.fc2.com/tb.php/34-150bea28

幽二郎

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。