月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

青い稲だからこそ実りが待つ

(ただの愚痴です)

ひさびさに大量に飲んだ。結構、べろべろ。せっかく秋田料理のおいしいお店なのにコンディション不良だと全然、味が分からない。本当、もったいない。一生懸命、おいしいお酒になるまで精魂込めてお米を育ててくださったお百姓の皆様、本当に申し訳ありません。全然、味あわずにガブ飲みしてしまいました。

にしても、ビジネスマンというヤツは、お酒を無駄にすることの他にも、いろいろとやりきれない存在だよな、と思うことしばし。さっきまで楽しく飲んでいて、それどころか両手で固く握手までして今度はプライベートで、なんて語り合っていた人のことを、別れた途端に論評を始める。

散会した後、一緒に飲んでいた人生の先達にちょっと注意を受けた。曰く、あの人達をちょっと信用し過ぎだよ、と。一応、強がりで、信頼が裏切られてもこちらにはほとんど損失はないし、信頼が報われたときのリターンを考えれば妥当な判断だ、と反論してみる。だがしかし、まだまだ青い、ということなんだろう。

経験的に感じるのだが、最初から人を裏切りたくて裏切る人はほとんどいない。ほとんどの人は結果的に裏切ってしまっているだけのことだ。腐るほど儲かっているのにわざわざ儲けをちょろまかすヤツは少ないけど、自分自身がカツカツならついつい嘘を言ってしまう人は多い。

現在において裏切る気持ちは毛頭ないけど、未来において騙してしまうことが予想されるような人と、どのような付き合い方をするのが正解なのだろう。何もかも経験してきた、人生の先輩達のような「枯れた」考え方は、正解ではないような気がする。まだまだ青いからこそ、逆に大きな可能性もあるのではなかろうか?
スポンサーサイト
  1. 2005/06/25(土) 01:22:08|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<オトコノコ | ホーム | 気になる夢>>

コメント

>さっきまで楽しく飲んでいて、それどころか両手で固く握手までして今度はプライベートで、なんて語り合っていた人のことを、別れた途端に論評を始める。

このような社交辞令みたいな人付き合いが苦手で、周りの人とうまく関われないです。社会では本音と建前の使い分けも必要かもしれないですが…。

>現在において裏切る気持ちは毛頭ないけど、未来において騙してしまうことが予想されるような人と、どのような付き合い方をするのが正解なのだろう

最初から関わらないようにしようと思ったり…。奇麗事で世渡りはできなくても、信じるものは救われる、と思いたいです。
  1. 2005/06/25(土) 17:03:33 |
  2. URL |
  3. ダーク #rfd0pXqk
  4. [ 編集]
>このような社交辞令みたいな人付き合いが苦手で、周りの人とうまく関われないです。社会では本音と建前の使い分けも必要かもしれないですが…。

私の乏しい経験からの見方ですが、逆説的な言い方になりますが、「このような社交辞令みたいな人付き合いが苦手」な人ほど、コツをつかめばすぐに上達するんですね。「本音と建前の使い分け」は、ある意味、非常に簡単で、社会人の世界では通常は「建前」しか使う必要がないんですよ。これは、常に本音でのつき合いが求められた(それゆえに衝突も多いし何よりも自分の本音と常に向き合うことを余儀なくされる)危険な「青年」時代に比べると、非常に簡単な「ゲーム」だと思います。

本音を使う(というか、「本音」という名の手札を切る)のは、普段の「建前」論でどうしても煮詰まって、少数者を説得、あるいは落としどころを決めるときのみに使う手なんじゃないかな、と思うのです。

>>現在において裏切る気持ちは毛頭ないけど、未来において騙してしまうことが予想されるような人と、どのような付き合い方をするのが正解なのだろう

>最初から関わらないようにしようと思ったり…。

ごめんなさい、ここ、ちょっと書き方が悪く、誤解をさせてしまいました。「現在において裏切る気持ちは毛頭ないけど、未来において騙してしまうことが予想されるような人」は滅多にいないのだけど、「現在において裏切る気持ちは毛頭ないけど、未来において騙してしまうことが予想されるような状況」は非常に多い、というのが私の言いたかったことなんです。

世の中の圧倒的多数の人は、「意志の弱い善人」で、良い状況においては持ち前の善性を発揮するけど、状況においては簡単に悪に転んでしまいます。そういう厳しい状況が予想される場合に、本来は善人の人を悪人扱いして付き合うのが良いのか、あるいは、悪を為すその瞬間までは善人として処遇すべきなのか、というのが、悩ましいところなんですよね・・・。

って、すみません、酔っぱらいなので、ついつい、熱く語ってしまいましたwww

結局、「強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない」ということなんでしょうね。
(で、強くも優しくもない私は、まずはどちらから身につけるべきかと悩んでいるわけですがw)
  1. 2005/06/26(日) 01:43:08 |
  2. URL |
  3. Uジロー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ujiro.blog7.fc2.com/tb.php/25-41c97fff

幽二郎

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。