月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

気になる夢

今回の話は全然、怪談とは関係なく非常に個人的な話で申し訳ないのだが、最近、やけに夢を見るようになった。

ここ数年、私は、あまり夢を見た記憶もなければ気にもしていなかったのだが、数日前、やけに長い夢を見て以来、妙に夢が気になるようになってしまい、そのせいか、毎日、夢を見るようになってしまった。それもあまり楽しい気分の夢ではないものばかり・・・。

大体、結構な長さのストーリーになっている夢を見るのだが、印象に残った場面をいくつか書いてみる。


バス旅行か何かから家に帰る途中。
二人の女性と同じ電車に乗っていたが、乗換駅で私だけ下りて、ホーム向かいの電車に乗ろうとする。だが、向かいとは言っても、列車の長さが違うので、やけに遠い。

間に合うように、一生懸命、息も絶え絶えに走るのだが、発車ベルも鳴り、列車には間に合わない。ダメだ、と思い、絶望感が覆う。だが、気がつくと列車には何とか乗れたようだ。


また別の日の夢。
父親に頼まれて、家の近くの駐車場に止めてある車のエンジンをかけに行く。外は雨。体がメチャクチャ重く、歩くのすら辛い。

途中、踏切がある。
私が渡り終えたら遮断機が下りる。向こうから路面電車、バスが粗い運転でやってきて、遮断機前で止まる。バスの運転手は路面電車の運転の荒さに腹を立てていて、後ろから路面電車に追突させ、電車が通過しようとしているのに、踏切の方へとグイグイと押しやる。私はそれを見て、危なくなったら非常ボタンを押そうとスタンバっている。

だが、電車は無事通過し、路面電車とバスは走り去る。バスの危険行為を通報しようと、バスの後ろを見ると、大きく「9 0」と書いてある。


どちらの夢にも、それぞれさらに前後にストーリーがあって、結構長い、疲れる夢になっていた。ここ数日見た夢は、いずれも緊張というか、うっすらとハラハラした気分を漂わせている。

最初に書いた方の夢が、夢が気になりだした最初の夢に出てきた一場面。今まではほとんど夢なんかみていなかったので、急に長くて記憶に残る夢を見ると妙に気になってしまい、思わず夢診断の本なんか買ってきてしまった(笑)。

で、その本を読んではじめて知ったのだが、基本的に夢に出てくる登場人物というのは、赤の他人であっても、自分の内面の何かしらの分身として登場するそうだ。つまり、夢の中に普段、嫌っているイヤな人間が出てきたとすると、それは自分の中のそうしたイヤな面を代表するキャラクターとして登場するわけだ。男性の夢に女性が出てきたら、それは自分の中の女性性を表すものとして登場する、ということになる。

また、電車というのは、よく人生をレールに例えるように人生が進んでいく様を表し、電車の乗り換えというのは何かしらの転機を表すそうだ。こんなふうに、いろいろと夢に登場した物事を置き換えながら夢とは読み解いていくものらしい。

そんな感じで、本の中では実例を挙げて鮮やかに夢を読み解いていく様子が書かれていたのだが、いざ、自分に当てはめてみると、これがさっぱり分からない・・・。確かに日常生活は、いろいろとかなりマンネリ化している面が大きいのは認めるがw、転職を考えているわけでもないし(っていうか会社勤めしていないから転職は不可能w)、ましてや女性関係で何か問題を抱えているわけでもないwww。

仕事関係の要素が入った夢なら、仕事が気になっているから夢にまで見るんだな、で終わりにできるんだが、理由がよく分からない夢はどうにもすっきりしないものだ。このまま、毎日、夢を見続けるようなら、誰か夢を解釈できる人に相談したい気もする。もし、何かピンと来る方がいらしたら、是非、助言を頂けたら有り難いです。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/23(木) 23:22:21|
  2. 出典あり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<青い稲だからこそ実りが待つ | ホーム | まいったなぁ・・・>>

コメント

 
現実離れした夢を見ることが多いです。
世界を救う勇者になっていて敵から逃げ回っている夢などw
夢を覚えているときは熟睡できてなかったり
夢の解釈があればぜひ知りたいですw
  1. 2005/06/24(金) 00:42:45 |
  2. URL |
  3. ダーク #rfd0pXqk
  4. [ 編集]
むむむ、それも興味深い
うわ、早速のコメントあり~です!

ダークさんの夢もちょっと興味深い点がありますね。というのは、「世界を救う勇者になっていて敵から逃げ回っている」って、ちょっと矛盾していて、実際には「世界を救う勇者」にはなっていない?わけじゃないですか?

世界を救わないのに世界を救う勇者・・・想像してみるとなかなか深いですw

私の読んだ夢解釈本には、戦いの夢というのは、結構、ポピュラーな夢で、「敵」というのも結局は無意識が自分の一部、克服しなくてはいけない面を見せている、つまり自分との戦いが行われている(あるいは行うことになる、行わなければならない・・)ことが多い、というようなことが書かれていました。

まあ、そのまんま、と言ってしまえばそのまんまな解釈ではありますなwww。
  1. 2005/06/24(金) 00:59:49 |
  2. URL |
  3. Uジロー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ujiro.blog7.fc2.com/tb.php/24-6b119b5d

幽二郎

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。