月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

未来を知る代償

未来を知ると言うことは人間誰しもが渇望することであり、それは幻想の世界においてさえ、そう容易くは実現しない。

では、もし仮に、未来を知ることに成功してしまったら、どうなるのであろうか?怪談の世界においては、未来を知ることが好ましい結果につながることは滅多にない。いや、それどころか、未来を知ってしまったことに対してのさらなる懲罰的な悲劇がもたらされることの方が多いとさえ言えるだろう。知り得た悲劇的な未来からうまく逃げ果せたかのように見えて、実ははじめから巧妙で執拗な「未来」の罠に嵌っていた、というのが、怪談世界の登場人物たちに多く見られる運命なのである。

未来を知ってしまったことで却って災厄や悲劇に見舞われる、というモチーフは、古くは神話の時代から、新しいところでは「ファイナルデスティネーション」のようなホラー映画にまで見られるところであるが、未来を知る能力と引き替えに、過酷にして残酷な代償を払わされたことで最も有名な人物と言えば、ギリシア神話に登場するカッサンドラが挙げられるだろう。

太陽神にして全能の神アポロンの美しい巫女であった彼女は、アポロンに熱愛され、未来を知る力を授かるのだが、その愛を受け入れなかったがために、その予言は誰にも信じられない、という呪われた運命を与えられてしまうのだ。

ちなみに、アポロンは、その華々しい太陽神のイメージとは裏腹に、なぜか女性には人気がなく口説くのも下手だった、という指摘をどこかで見かけたが、確かに言われてみるとこの神様は浮いた話をあまり聞かない。お父様である最高神のくせに女にだらしないゼウスの血を引き、さらに自身も愛人から生まれているというのに・・・。

アポロンは大変に恵まれた神様である。最高神をさしおいて太陽を司ることからも分かるようにほとんど全ての能力を持ち、さらには父にはない若さと美しい肉体までをも有している。にも関わらず、自分の巫女一人も口説けず、その八つ当たりとして彼女にサディスティックな刑罰を与えるとは、一体、どうしたことであろう。こうした人間性(あるいは神性、か)に対する洞察は、ギリシア神話の面白いところである。

おっと、カッサンドラを忘れるところであった。彼女は、あのブラッド・ピットにやっつけられてしまうトロイの住民であった。そう、邪悪なギリシア人たちの欲望の前に破壊と略奪の憂き目にあい、それどころか数千年経った今でもなお、「おい、○○コムがトロイだってよ」「全くトロイなんて迷惑な話だよな」みたいに、疫病神扱いされてしまっている、まさに踏んだり蹴ったりのあの街である。

大体からして、「トロイの木馬」なんてよく言うけど、冷静に考えるとあれはギリシア人が作った「ギリシアの木馬」なのである。人の良いトロイ人はただ押しつけられただけだ。よく、歴史は勝者のもの、というが、こういう細かいところまでさりげなく自分たちの悪評が残らないように気配りしておくのは、さすがにスマートに小ずるい地中海の男たちだ。

おっとっとっと、、またカッサンドラを忘れるところであった。
このトロイとギリシアの戦争、元々からして、人の嫁さんを寝取っただの、返せだの、そんな低レベルでインモラルなくだらない事件が発端で起こった戦争なのだ。そんな戦争の結末で、負けた側に絶世の美女がいた、ともなれば、その運命の悲惨なことは目に見えている。彼女が経験させられるプレイ、いや違った運命については、エロエロ地中海星人たちの綴るギリシア神話には当然のように、微に入り細に入り書いてあるのだが、とてもこのブログの健全なる読者諸氏にお伝えできるような話ではないので、自主規制させて頂こう。

・・・

それにしても、そもそも未来を知るとはいかなることなのだろうか? 未来を知って、その未来を変えてしまったら、実現しなかった「未来」はすでにその意味からして未来ではないし、判明した未来を変えられないのだとしたら、そもそも未来を知る意味はどこにあるのであろうか・・・。

この素朴な疑問については、量子力学を研究するような世界中の天才中の天才たちが長年かかっても解答を出せないにも関わらず、某H木先生のような方々がズバズバ明確な回答を与えていたりして、また、そういう話に人は群がっていたりするのであるが、そういうのを見るにつけ、やはり未来を知る、なんて魔境に嵌まりこんではいけないのだろうな、と思うのである。

余計な色気を出さずに地道に頑張れ、というのが、怪談世界が教える正解なんだろう。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/09(木) 22:37:30|
  2. 出典あり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<まいったなぁ・・・ | ホーム | タダで未来は教えられないよ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ujiro.blog7.fc2.com/tb.php/22-ab3c7f93

幽二郎

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。