月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

知りたい未来

怪談もののテーマで、私が好きなテーマの一つが「予兆」だ。いわゆる「虫の知らせ」というヤツ。怪談の場合は、明るい未来が語られることは少ないのであるが、それでもその手の話に心惹かれてしまうのは、人間のサガというやつでしょうな。

で、割に最近、見かけたその手の話。妙に印象に残る話だ。元スレが落ちてしまっているので、手元に残っているものをそのまま引用させて頂いて紹介しようと思う。私の見かけた出典はこちら↓。

㊧身内、身近な人から聞いた怖い・不思議な話し㊨




739 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2005/04/08(金) 04:45:06 ID:0DHiaIxUO
お客さんから聞いた話なんですが‥

話をしてくれたお客さん(Aさん)とその友達(Bさん)の話。

Aさんは三日連続で同じ夢を見たそうです。

夢の内容はふたりで車に乗っていて、Aさんは助手席、Bさんが運転している。交差点でトラックが飛び出してくる。
あっ!と思ったところで目が覚める。

当時Bさんは免許を取るため教習所に通っていた。
だからそんな夢を見たのだとAさんは思っていた。

三日目
また同じシチュエーション
ところが今回は視点が少しだけ違う。
後部座席から自分達を客観的に見ている。
そしていつもトラックが飛び出してくる交差点にさしかかる。
(あぁ、またぶつかるよ)
と思ったその時
助手席の自分がこちらを振り返り

『早く知らせろよ』

と言い放ったらしい。
そこでAさんは目覚め、Bさんに急いで連絡をしたそうです。
Aさんは「あれは警告だったのかな。幸いBは今のとこ何もないし。自分がこっち振り向いた時は少しゾッとしたよ。」と笑って言いました。

長々とすいませんでした‥だからなんだっつー話なんですけど‥‥orz



特に悲劇が起こるわけではない。この話において怪異をもたらす主体は自分自身であって、コントロール不能な幽霊や第三者というわけですらない。それでも、妙に印象に残り、ゾッとする話だ。

人生において、人は解釈不能な様々な予兆を感じ、そして何も起こらずに過ごす。また、何の予兆も感じずに、そして何かが起こったりする。超能力者でも霊能力者でもない、普通の人の、未来に普通に怯える、普通の姿とはそんなものだ。

意味に囚われ、恐れていては前に進めない。かと言って、目を瞑って、蛮勇を奮うだけでは長くは進めない。何かが起こりそうで何も起こらない。ある意味では、それが一番、怖い。普段、鈍感にしているそういう恐怖に、何かひやりと触れるものがあるからこの話はゾッとするのだろうか?
スポンサーサイト
  1. 2005/05/21(土) 00:32:51|
  2. 出典あり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<怖い話サイトの怖い話 | ホーム | 退院しました!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ujiro.blog7.fc2.com/tb.php/19-63b83cdf

幽二郎

03 | 2017/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。