月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ひろしです。メイちゃんのワガママにはついていけんとです。

「睨む」という要素が入ってくるだけで急に物語はざわつき始める、ということを前回書いたのだが、それがよく感じられる小品をもう一つ、紹介しよう。

「おなかにいる兄」

この話のプライマルなテーマは、こう言っちゃあなんだがまあよくある話で、昔遊んでいた架空の友達が自分の身近に転生してくる、というものだろう。ややも間違えると心霊ちょっと良い話になってしまいそうなこの話を一転、不気味な情景に変えているのは、やはり何と言っても

「ひろしお兄ちゃんいつもママを睨んでたよ」

の一文が効いているからだ。

もし「ひろしお兄ちゃん」のまなざしが微笑み等、柔らかいものであればこれはもう完全に「心霊ちょっと良い話」になっていたわけで、「睨む」ということから我々が直感的に受ける印象の不穏さを理解するには格好のテキストではないかと思う。

だがしかし、訳分からなさの点でも、不安感の点でも、今回の話は前回の話ほどの不吉さはない。その理由としては、まずもって睨まれる理由がはっきりとしていることが挙げられよう。小さいときはさんざん一緒に遊んでくれたのに大きくなったら無視、では怪談世界の住民ではなくても睨みつけたくもなろうものだ。まあ、もっとも、そんなことは世の中ではよくあることだし、特に男女の幼なじみの間ではスーパーあるある大辞典なので、ひろしお兄ちゃんももうちょっと大人になった方が良いとは思うが。

また、「ひろしお兄ちゃん」の出自についてもそんなに不思議さはない。「ママ」は自分の想像の産物が実体化したような不安を感じているが、そんなのはただのマタニティーブルー、よくある話、以上それは逆で、元々、確固たる霊魂として存在していた「ひろし」が幼い「ママ」と禁じられた遊びを繰り広げていた、というのが真相なのだ。そう、「ひろし」とは、子供にしか見えないトロロ、じゃなくてトロル!は微妙で、そうそう、トトロ!みたいなものだったのだ。要するに、トトロは忘れっぽい五月ママを見捨てて今度はメイちゃんと遊ぶことにしました、というのがこの話なのだ。

・・・と、ここまで書いて私は一つの疑問を思い出してしまった。

なぜ、「絵本のトロル」が「トトロ」なんだろうか? 「トロル」とは、言うまでもなく北欧神話に出てくる妖精のことで、一応「妖精」ということにはなっているが、実際は北欧民話の「三びきのやぎ」に見られるように醜悪で凶暴、巨大な怪物のイメージで描かれることがほとんどのアレだ。なんでそんなものが「トトロ」なんだ?

と、ちょっと調べてみたら、意外な事実が。

まず、「絵本のトロル」の「絵本」とは、まさに上記の絵本そのものを指すらしい。
「三匹の山羊のがらがらどん」 by WIKIPEDIA

にもかかわらず、「トトロ」とは実は「トロル」ではない、という衝撃の事実が!
「トトロ」の名前の由来って?

トロルのはずなのに所沢とはこれいかに?
スポンサーサイト
  1. 2006/05/20(土) 12:16:49|
  2. 出典あり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

幽二郎

04 | 2006/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。