月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仄暗い水の底からコンニチハ

いや~、黒木瞳さん、本当にきれいですねぇ・・・。この美しさは男性の私が見ても思わずため息が漏れてしまいます(って、あんた誰?w

ということで、今、黒木瞳主演のホラー映画「仄暗い水の底から」がテレビでやっているのを見ているのですが、いやぁ、実にホラーです。なぜに黒木瞳はあの年齢にしてあの美をたたえているのか・・・。まさに妖怪大戦争ですな。

というわけで、この映画、ホラーとしては致命的な欠陥がある、ということがお分かり頂けましたでしょうか? え?そんなんじゃエスパーでもないのに分かるわけないだろ? ま、そりゃそうですね。では説明していきましょ。

この映画のホラーとしての致命的な欠陥・・・それは、以上のように黒木瞳サンに目が釘付けになってしまうからなんですよ・・・。あ、待って!帰らないで! これは冗談じゃないんです。もし、この映画が真剣な真っ正面路線のホラーを狙っていたとしたなら、完全に人選ミスです。もちろん、あの「失楽園」では日本中の男性に熱狂と幻想を与え、あの「白い巨塔」では病弱な唐沢センセの精力を吸い尽くして死期を早めた魔女、黒木さんの演技ですから、演技がヘタ、なんてことは間違ってもありません。もうこれでもかっ!というほどツボにはまった団地妻w(いや、まさに「オラ妻電気ウナギ」以来のオトコの幻想を一分も違わず体現した「団地妻」です!)をビショビショ透け透けになりながらも熱演してくれています。でもね、でも・・・でも、いや、だからこそ、ホラーとしてはダメなんです。そう、これ、完全にホラーではなく団地妻映画になっているんですわw。

いや、実際、これ、団地妻感動(+なぜか微エロ)火曜サスペンス2時間モノとして見るとですなぁ、実に素晴らしい出来映えだと思いませんか? というよりも、否が応でもそういう視点で見るように強制されているんですが、この作品は。「私があなたのママよ」だなんて、もうめっちゃまんまなクライマックスじゃないですか。韓流なんてメじゃないっす。そして後日談のナレーションなんて、水戸黄門の印籠!って感じで、この監督、相当、ワカってますよ(笑)。

え? 火サスを下敷きにしてるからホラー失格なんて納得できない?

ん~、、、んじゃ、火サス的だと、正統ホラーとしては致命傷である理由をちゃんと書きましょ。ちょっと一緒に映画をじっと見てくださいね・・・。

はい、黒木サン出てきましたねぇ。お、怖い音楽になりましたねぇ。お化けが出てきそうですねぇ。黒木サン、まだ気付いていないみたいですねぇ。うなじがキレイですねぇ。映画の設定上、古くさいヘアスタイルしてるけど、黒木サンだとそれもまた妙に可愛いですねぇ。うーん、黒木サン、まだ気付かないみたいです。おーい!黒木サーーーン!僕はここですって!ココ!コッチ見てよぉ!

どうですか? 分かりました? え? そんなエロ親父の視点に付き合わせるな、ですって? 良いところに気付きましたねぇ。そこなんです。そこ。そこがまさにホラーとして致命的なんですってば。ホラー映画、と言えば、どんな映画にも必ず可愛いヒロインが出てきますよね。でもそれだけじゃないですよね。可愛いヒロインが可愛くなくてはいけない理由でもあり、可愛いヒロインが可愛いという事実を成立させる事実、それはなんでしょうか? そうです。誰かが見てあげないと可愛くても意味ないですよね。可愛いヒロインとそのヒロインに向けられる視線、それがセットになるのがホラーの文法なんです。そして、ヒロインは視線に気付きませんが、観客はいやでもその視線を意識させられる。ヒロインをじっくりたっぷりと嘗め回すように注視する(たぶんお化けさんの)シ・セ・ン。で、ここまでは「仄水」もクリアしてますよね。

んでね、続けますと、何でその「視線」の存在を強烈に見せつけるかと言えば、もちろん、恐怖感を煽るため、っていうのは良いかと思うんですが、それによって恐怖感が煽られるためには、単に視線の存在が意識させられるだけではダメなんです。その視線を、観客がどちらの側から意識をするか、が非常に重要になるんです。正解はもちろん、ヒロインと一緒に「見られる側」として視線を意識する方です。「あ~、どこかから僕のことをお化けが見てるよ~。でも僕の方はお化けを見ることはできないよ~。お化けはどこにいるんだよ~。怖いよ~。暗いよ~。早く逃げないと~。ヒロインさん、早く逃げてよ!」(「暗いよ~」は余計でしたw)となれば、あなたはまんまとホラーの文法に乗っちゃったわけで、後はもう、不定冠詞「a」の後に自明に単数形名詞が続いていくかのようにあなたは恐怖にはまりこんでいくわけです。

と・こ・ろ・が! 「仄水」はどうでしょうか? 先ほど、しつこく変態親父視線をトレースしてもらいましたが、「仄水」では、美しくも清楚な黒木サンを物陰から執拗に変質者視点で見つめ続ける、まさに火サス的な「視線」が提供されるのみで、あなたはヒロインと一緒に逃げるどころか正反対に「変質者」の側に身をおくわけです(ここで、また「お化け」ではなく「変質者」目線なところが完全に監督が火サス的なものを狙っているようでウケるところなんですが)。

これは単なる演出のミスではなくて、完全に狙っているんでしょうね。しかも徹底しているのが、この「視線」は「お化け」すら超越した、完全に「観客」の視線になっていまして、そういう意味ではもうここで表現されているものは「劇場」としか言いようがないものなんですね。そう、劇場!まさに「火曜サスペンス劇場」なんですよ!火サスが「火曜サスペンスドラマ」でも「火曜サスペンスコント」でもなく「劇場」なのは、「激情」とかけた洒落なんかではなく、文字通り「劇場」であるからなんですねぇ。

というわけで、単にUジローがエロイ視線で黒木瞳を見ていただけだったのではないか、との疑惑も多少(?)は残るものの、いや、それこそは監督の狙いで、そういう意味ではこれはもうホラーなんかではないんだ!とちょっと強弁してみましたが・・・やはり苦しいな、、、 orz

・・・

あ、終わった・・・エンディングテーマ・・・あ~、そういえばこの映画、「シガスカオ」のテーマソングなんだよねぇ。この人、本当、才能あるよねぇ。なんて歌だっけ?

・・・ん? 検索しても出てこないぞ?
なんでだぁ?www
スポンサーサイト
  1. 2005/11/26(土) 00:11:24|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

死にゆくあなたの中のアナタに復活の呪文なんてない

普段、訳の分からない妄想ばかりして暮らしているせいか、私ははなはだ物忘れが激しい。最近、ある方が、電車の進行方向に「何か」がある、という悪夢を見たとブログに書かれているのを見て、そういえば、怪談「猿夢」を夢解釈してみよう、なんて以前、書いたことをすっかり忘れていたことを思い出した。

「猿夢」は怪談としてもかなりぞぞーっとさせられる怖いお話だが、この「夢」、夢解釈的な視点で見てもやはり相当に不吉で残酷なものではなかろうか、と私は考えている。なお、あらかじめお断りしておくが、私は夢解釈の専門家でも何でもなく、勝手に妄想を書いているだけなので、似たような夢を見たからと言って間違っても私に解釈など頼まないように。

さて、それでは改めて「猿夢」の特徴を整理してみようか。
(「猿夢」を知らない方はこちらをどうぞ)

(最初の夢)
・最初の夢は夢見者が高校生のとき
・夢見者は夢の中でそれが夢であることを意識している
・夢見者は遊園地のアトラクションのような電車(みたいな乗り物)に乗る
・電車が進むにつれ、電車の同乗者が殺されていく
・同乗者は生きながらにして苦痛を与えられる、時間をかけた残酷な殺し方をされる
・男性、女性の順で2人の同乗者が殺された後、3人目に夢見者の順番が訪れるが、危機一髪で夢から覚める

(2回目の夢)
・次の夢は4年後、大学生のとき
・前回と全く同じ夢が、2人目が殺され始めるところから始まる
・前回同様、危機一髪で夢から抜け出すが、夢の最後に「また逃げるのか、次が最後」と警告を受ける

まず、繰り返される強烈な印象の夢--それも悪夢--というのは、「何か」について無意識が警告をしているもの、と考えるのが一般的な夢解釈の考え方である。その「何か」が解決されないままわだかまっているために、同じ警告が繰り返されるわけだ。また、乗り物、特に電車のように進行方向のはっきりとするものでの移動は、その人の人生行路そのものを表現することが多いことや、夢見者の夢を見た時期--おそらく最初の夢は受験時代だろう--を考えると、この夢は何か夢見者の人生や生き方に関して、無意識が重大な危機を感じている、と見るのは、ごく自然な見方ではないかと思う。

ここで重要なのは同乗者の存在である。夢の中で無惨に殺されてしまう、あるいは殺される運命にある彼らとは一体、何者なのであろうか??? 夢解釈をかじった方ならすぐに答えは分かると思うが、電車の同乗者、それはまさに夢見者自身なのである。

人間は誰しも、多重人格者ではなくても、内面には様々な人格を抱えているものである。例えば、昨日までは何とも感じなかった女の子に、今日はなぜか急に惹かれたりする。客観的に観察してみれば彼女自体は別に昨日までの彼女と何ら変わらない、というのに。そんなことが、ごくごく日常的に起こるわけで(いや、少なくとも私には起こるんです!)、好みが変わった、とか、新しい魅力に気付いた、とか、適当な理由を考えて、あるいは理由すら考えずに見過ごしているわけだが、実はそれは別に、あなたの好みが急に変わったわけでも、1993年にタイムスリップしてしまったわけでも、ましてや彼女の胸が突然、巨大化したわけでも何でもなくて、実はあなたの気付かないうちにあなたの中でアナタが入れ替わったのだ。

「あなた」という(もしかしたら空虚な)入れ物の内部に棲む、小さな「アナタ」。彼らの空しくもけなげなチームプレイによって、かろうじて「あなた」は「あなた」たり得ているわけだが、日々、見えない戦いによってズタボロにされていく「あなた」小隊の中では、ダメージを受けたヤツは後衛で飯炊き、よく寝てたヤツは最前線で武闘担当、というような感じで、頻繁に選手交代、担当入替が行われているわけだ。ひょっとすると、「あなた」は変わったり、ましてや成長したりなんかはしないものなのかもしれない。そんなものは幻想だ。それが証拠に、ちょっと前線で粋がっている寝起きの坊やをブッ叩いてやれば、たちまち「あなた」は「エナジードレイン」されてしまうはずだ。(きっとそうだ、そうに違いない、そうだと言ってくれ・・・)

おっと、女性の胸の大きさに対する好みの変化に関する心理学的見地からの「豪華な」説明をする話ではなかった。脱線してしまったが、以上の考察から、実は「猿夢」の中で殺されているのもまた、あなた自身、あなたの中の「アナタ」(だったもの)であることが分かって頂けただろう。(なお、こういう論法のことを三段跳び論法という、わけねーっす)

このような見方をすると、実は、この「猿夢」が、本当に残酷で、まさに危機的な夢である、ということが分かる。2回目の夢---おそらくあれから4年が過ぎ、社会に出ていくタイミングであろう---では、すでに殺されてしまった1人目の男性はいない。当然だ。電車の進行は人生そのものなのだ。高校生のときの「あなた」がチームに抱えていた誰かはすでに消し去られてしまった。もう戻ってはこない。可能性は死んでしまったのだから。そして今、2人目もまさに殺される寸前の状況にまで、無為のまま「あなた」は電車に乗せられてきてしまったのだ。

さて、夢の続きから言えば、このままでは「あなた」が殺されてしまう日もそう遠くはなさそうだが、そのとき、本当にあなたも死んでしまうのだろうか? 残念ながら、答えはYESだ。そのとき、「あなた」も本当に「死んで」しまうだろう。生物学的には生きているかもしれないが、もはやそれは私の知っている「あなた」ではない。断じてあり得ない。東証並みにあり得ないのだ。

「死んで」いるのに生きている、だって??? その意味が分からないあなたは、おそらくエラク年少か、異常なまでに幸運な方だ。おそらく、多くの人は、そういう「ゾンビ」を何度も見ているはずだ。いや、もしかしたら不幸にして、すでに「あなた」自身がそういう状態なのかもしれない・・・。

おいおい、そんなこと言うなよ~、「猿夢」の悪夢から逃れて、ゾンビにならない道は選べないの? 実は、その答えも夢はちゃんと用意してくれている。そもそも、あなたはなぜ猿夢に遭遇したのか? それはお猿さんの電車に乗ったからだ。子供だましもいいところのショボい遊園地の電車。楽かもしれないし、楽しいかもしれないが、しょせん一時の暇つぶしを与えるのみで、どこにも連れて行ってはくれない、チンケな電車。そんなものにボーッと座って乗っているのはせいぜい幼稚園児くらいなものではなかろうか。そんな電車に揺られ続けて今も、あなたは、いる。

・・・おっとっと、、、いつの間にか言葉がすり替わっていたが、「あなた」ではなく「夢見者」ですね、失礼致しました。

つまりは、だ。夢見者のこれまでの人生なんざ、レールの上を走るどころか、それですらない、お猿さんの電車みたいなものだ、ということを、無意識は必死に主張しているのだ。そして、これが「猿夢」に関する最初の謎---なぜ、「猿夢」は明晰夢という形で見るのか---ということを解く鍵でもある。

明晰夢とは、夢の中でこれは夢である、と自覚のある夢のことで、いろんな種類があるので一概にその意味を語ることはできないが、この猿夢での「夢であることを自覚している意味」は簡単だ。この夢の与えるイメージの恐ろしさと夢の持つメッセージが、直接に突きつけられるには、あまりにも残酷で、つらいものであるからだ。いくら自分の無意識からとは言え、「お前の人生なんざ、お猿の電車だよ。お前、このままだとマジ、ダメになるよ。認めろよ。っていうか、お前が一番、よく分かってんだろ」と、ダイレクトに言われるのはツライ。耐え難い。というより耐えられない。そして、それは無意識だってよ~く分かっている。何しろ自分自身なんだから。だけど伝えたい。この危機的状況を何とか伝えたい。そうした苦闘の結果が、「一応、夢だから、あんまマジにせんといて。でも、ちょっと真剣に聞いといてぇや」、という「猿夢」に結実したわけである。

ただ、そういう無意識の「情け」を、単純に喜ぶこともできない。なぜなら、そんなにも無意識が苦慮するのは、実は無意識だって「じゃあどうすれば良いのよ?」の答えを知らないからだ。答えを知っているなら、聞いたときのショックを和らげよう、なんざ考える前にダイレクトに「放っておくと死にます。でも直すから大丈夫よん」と言えるわけだから。

おっと、でもがっかりするのはまだ早い。最後にグッドニュースを残すのが私のやり方だ。そんな「あなた」の「意識」以上に頼りなさそうに見える無意識君、それでも必死に考えました。そして何とか見つけてきたヒントがこれ。電車には、何人乗っていましたか? まだまだいっぱい乗っていましたよねぇ。そうなんです。チーム「あなた」は、「アナタ」一人で走っているわけではないんです。みんなが背中を押してくれる最高のチームなんです。金メダルだって取れるんです。挫折だって乗り越えられるんです。「猿夢」の中の「アナタ」たち。無口で黙ってますよね。だ~れも喋っていませんよね。いかんですよ。人間、コミュニケーションが大事です。もっと意思疎通しましょうよ。いくら同じ「あなた」の中に棲んでいるからと言ったって、家庭内別居じゃ意味ないです。それじゃあ、夫婦と言っても他人以上に他人ですよ。みんなで知恵を出し合いましょうよ。そう、みんなで協力して「猿夢」を脱出するんです!さあ、がんばれチーム「あなた」!目指せ北京原人!

・・・いや、まあですなあ、社内コミュニケーションというか、たまにはとりあえず自分の内面をもっと良く見つめてみて、自分のあり方、生き方を問い直して見る機会を持ちましょうよ、ということなんですわ。もちろん、その結果、すぐに「何か」が見えてくるような甘いものではないです。だけど、そうやって常に、今の自分をより高めていくことはできないものだろうか、という意識を持ち続けること自体が、確実に「あなた」を成長させてくれるはず!人間、ちゃんと成長もすれば進歩もするんです!

以上、チーム「Uジロー」がお届けいたしました。
あ~、今夜は猿夢を見ないで寝たいよ・・・orz
  1. 2005/11/24(木) 02:00:31|
  2. 出典あり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

幽二郎

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。