月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

解釈不能怪談「さて問題です」は実は完全読解できる

前回の『人工知能は「恐怖のナポリタン」を「理解」できるか?』の続きであるが、今度は、「さて問題です」の方に焦点を当てて考えてみよう。以下に、一応、「さて問題です」の全文を再掲する。ただし、行頭の番号は私が付けたもので原文にはない。




さて問題です

(1) 終電が過ぎてしまって困っていた。
(2) 「あぁ、どうしよう」そんなことを何度も呟いていた。
(3) ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。

(4) その男は俺と目が合うと驚いた表情をして俺にこう言った。
(5) 「お前さん、この前の・・・」
(6) 俺は考えた。見覚えがない人間にそんなこと言われても。
(7) 10秒間の沈黙があった。何故か俺はただならぬ危機感を感じていた。
(8) 「お前さん、この前の」
(9) 男が再びその言葉を口にしたとき、俺は気づいてしまった。

(10) 俺はその場を駆け出した。必死に走った。
(11) もう大丈夫だろうと思って後ろを振り向くと男の姿はなかった。
(12) 俺は呟いた。
(13) 「あぁ、どうしよう」

(14) 数日後、俺がその男に殺されたのは言うまでもない。

※4~9行目と最後の行をよく読み返せば・・・




では早速、「さて問題です」を考えてみよう。こちらの大きな謎は、やはり文章では明示的に提示されない、なぜ「言うまでもなく」男に私は殺されてしまったのか、という点と、殺されたはずの私がこうして文章をかけるのはおかしくないかという点になろう。一見、「ナポリタン」同様の解釈不能系の話に思えるのだが、実は、こちらの方は完全に解釈可能な話であると私は考えている。

まず、2点目の謎については、怪談においては良くある話なので、さしあたっては気にしないことにしておこう。で、なぜ私は男に殺されてしまったのか、を考えてみることにする。もし、その解答が文章の中には明示的に書かれていない、と考える立場をとるならば、これは何かのオマージュとなっている話なのではなかろうか、ということが思い浮かぶ。

となると、「気付く」「逃げる」「殺される」というモチーフから連想されるのは、この話が投稿された「洒落怖スレ」の有名な怪談で、このブログ内でも紹介した「猿夢」、およびその類話とも言える「ばりばり」が容易に思い浮かぶ。これらの話については改めて説明の必要もないと思うが、毎回、同じ悪夢を見て、それが以前に見た悪夢と同じと気付くことからそこから必至に逃げようとするのだが、だんだんと逃げることが難しくなっていく、という構造を持った話である。

では、「さて問題です」はどうであろうか? 主人公は、ある男に出会う。男が主人公に会うのは初めての話ではない。主人公は最初は忘れていたようだが、すぐにその男から逃げ出さないといけないことに気付き、必至に逃げる。描写はされていないが、男は主人公を追いかけてきているものと思われる。そして、その場では主人公はうまく逃げ切れたようだ・・・。

この構造、まさに「猿夢」や「ばりばり」と同じ構造ではないか!? そう気付いて見ると、一気に全てがつながるのである。話の本当の姿はこうだ。主人公は夢を見ていた。その夢に男が登場してくるのである。4行目は、その男は主人公のことを覚えている---つまり、この夢が主人公にとってはじめてではない、ということを表している。最初、主人公はこの夢のことを覚えていなかったが、9行目に至ってようやく気付くのである。これが「猿夢」的な夢であるということに・・・。男は主人公を殺そうと追いかけてくる。主人公は男から必至に逃げて、そして今回はどうにか逃げ切れたのであるが、「猿夢」においては、夢を見る度ごとに、その夢から逃げる難易度は上がっていくのである。つまり、逃げ切れようか逃げ切れまいが、この夢を見ること自体が不吉を色の濃さを増すことになるのだ。だからこそ、そのことを理解している主人公は、逃げ切れたにもかかわらず、13行目において「あぁ、どうしよう(またこの夢を見てしまった、あと何回か見てしまったらもう逃げ切れない)」と呟くのだ。

最後に書いてある「※4~9行目と最後の行をよく読み返せば・・・」のヒント、これは後から加えられたものであるのか原作者によって書かれたものなのか分からないが、指摘する行は、まさに「猿夢」との共通構造が読み解ける文になっているのは適切なヒントである、と言えよう。

もうここまで書けば、なぜ「数日後」に主人公がこの男に殺されたか、は明らかだろう。この後、数日にわたって主人公はこの「猿夢」を見て、ついには逃げ切れなくなるときが訪れ、殺された。

そして、このように謎解きをすると、当初、棚上げしておいた「殺されたはずの私がこうして文章をかけるのはおかしくないか」という方の謎も自ずと解けている。そう、これは所詮、夢なのだから。夢の中で殺されただけの話だから、その経験を人に話すことができることに何の不思議もない。

もちろん、この解釈が正しいかどうか、それは私には分からない。しかし、この話の初出が洒落怖スレだとするなら、名作「猿夢」は常識的知識であるし、解釈的にも無理がない上に、一見、「それくらいのことは・・・」と許容したくなる「殺されたはずの私がこうして文章をかけるのはおかしくないか」という方の謎についても妥協のない答えが出せるのだから、私としては自信のある解釈だ。

それにしても、似たような話だと思われることの多い「ナポリタン」と「さて問題です」は、実は全く正反対の話である、というのは面白い事実である。とは言え、「さて問題です」が解けるのだから、もしかしたら、ナポリタンも同様のアプローチで解けそうな気もしてきた・・・。「注文の多い料理店」あたりのオマージュを疑ってみるか。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/30(土) 23:20:42|
  2. 出典あり|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:24

人工知能は「恐怖のナポリタン」を「理解」できるか?

オカ板でひさびさに懐かしい話(コピペ)を見た。一見、似たようなテイストの次の2話だ。要約してしまうと意味がないし、すでに各所でコピペとして流通している一方、原作者が一向に現れないので、まんまコピペさせて頂くことにする。




1.恐怖のナポリタン
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった・・・
ここはとあるレストラン・・・
人気メニューは・・・ナポリタン・・・




2.さて問題です

終電が過ぎてしまって困っていた。
「あぁ、どうしよう」そんなことを何度も呟いていた。
ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。

その男は俺と目が合うと驚いた表情をして俺にこう言った。
「お前さん、この前の・・・」
俺は考えた。見覚えがない人間にそんなこと言われても。
10秒間の沈黙があった。何故か俺はただならぬ危機感を感じていた。
「お前さん、この前の」
男が再びその言葉を口にしたとき、俺は気づいてしまった。

俺はその場を駆け出した。必死に走った。
もう大丈夫だろうと思って後ろを振り向くと男の姿はなかった。
俺は呟いた。
「あぁ、どうしよう」

数日後、俺がその男に殺されたのは言うまでもない。

※4~9行目と最後の行をよく読み返せば・・・




いずれの話も、何か謎がありそうで、分からない。どこかを縦読みする、という話でもなさそうだ。ネット上では、答えがない意味不明文、ということが定説となっているが、それだけではこんなに多くの人の興味を引きつけはしない。単なる意味不明文よりもさらに一歩進んで、何か意味がありそうに見えながらもどうやってもまともな(無矛盾で完全なw)説明を引き出せない解釈不能性が人々を魅きつけているようだ。事実、「名文」と評価する意見さえあり、確かに解釈不能文の名文、と言っても良いかもしれない。

ただ、何で人間はこの文章に言外の意味があるはずだ、と感じるのだろう、と考えてみるのは、非常に面白い問題だ。もし仮に、人工知能のようなコンピューターにこの文章を解釈させたら、おそらく何の謎もなく書かれている通りに理解可能、という結論を出すような気がする。もし、この文章を読んで、「分からない・・・」と言う人工知能があったとすれば、それは相当に人間に近い知性である、ということが言えるのではないだろうか。




1の文章で、最初にワケ分からなさを感じるところは、最後の「私は気づいてしまった」で、私が何に気付いたのか、というところだろう。人工知能なら、その対象(目的語)を、「ここがとあるレストランで、人気メニューがナポリタンであること」と解釈するのではなかろうか? もうちょっと気の利いた人工知能であれば、「ここがとあるレストランで、人気メニューがナポリタンであること」はすでに私が知識として持っていたものだから、それに対して「気付く」という動詞を使うのは間違えた用法です、という指摘をしてくるかもしれない。

ただ、人間であれば、ほとんど無意識に、そうした用法上のミスマッチから「気付く」の対象が「ここがとあるレストランで~」ではあり得ないと捉え、だからと言って単に話者が間違った用法で動詞を使ったのではなく、「気付く」の対象が何であるか、が謎として提示されている、と考えるであろう。おそらく、頭の良し悪しに関係なくほとんどの人間が一瞬でその判断を行うのではなかろうか。だが、そうした判断ができるようになる人工知能を作れるか?と考えると、それは途方もなく難しいことのように思える。

さらに、「気付く」の対象が「ここはとあるレストラン~」でないとしたら、では「ここはとあるレストラン~」の文は何なのか?ということになるが、人間ならそれをスムーズに、「気付く」の対象が何であるか、という謎に対するヒントである、と解釈ができるわけであるが、ではなぜ、人間はそういう解釈がスムーズにできるのであるか、と考え出すと、ますます人工知能というものの実現に対するハードルの高さを感じざるを得ないのである。




さて、今度は「さて問題です」の方であるが、実は、こちらの方は、ある「常識的」知識があると、解釈不能文どころか、極めて巧妙に計算された隙のない解釈が可能なのだ。長くなったので、それについては、次の記事に分けて書くことにしよう↓。

『解釈不能怪談「さて問題です」は実は完全読解できる』




<追伸>
なお、ナポリタンについては、適当な倉庫へのリンクが分からなかったのですが、1年以上前にこちらの方がかなり詳細なまとめと考察を書かれているのが有名で、スレの過去ログ等も(個人的に?)保存されているようです↓。

『恐怖のナポリタンの謎 「ここはとあるレストラン」』(CROSSBREEDさん)

本記事を書くにあたっては、大変、参考にさせて頂きました。
どうもありがとうございました。
  1. 2005/07/30(土) 23:19:23|
  2. 出典あり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

幽二郎

06 | 2005/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。