月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仄暗い水の底からコンニチハ

いや~、黒木瞳さん、本当にきれいですねぇ・・・。この美しさは男性の私が見ても思わずため息が漏れてしまいます(って、あんた誰?w

ということで、今、黒木瞳主演のホラー映画「仄暗い水の底から」がテレビでやっているのを見ているのですが、いやぁ、実にホラーです。なぜに黒木瞳はあの年齢にしてあの美をたたえているのか・・・。まさに妖怪大戦争ですな。

というわけで、この映画、ホラーとしては致命的な欠陥がある、ということがお分かり頂けましたでしょうか? え?そんなんじゃエスパーでもないのに分かるわけないだろ? ま、そりゃそうですね。では説明していきましょ。

この映画のホラーとしての致命的な欠陥・・・それは、以上のように黒木瞳サンに目が釘付けになってしまうからなんですよ・・・。あ、待って!帰らないで! これは冗談じゃないんです。もし、この映画が真剣な真っ正面路線のホラーを狙っていたとしたなら、完全に人選ミスです。もちろん、あの「失楽園」では日本中の男性に熱狂と幻想を与え、あの「白い巨塔」では病弱な唐沢センセの精力を吸い尽くして死期を早めた魔女、黒木さんの演技ですから、演技がヘタ、なんてことは間違ってもありません。もうこれでもかっ!というほどツボにはまった団地妻w(いや、まさに「オラ妻電気ウナギ」以来のオトコの幻想を一分も違わず体現した「団地妻」です!)をビショビショ透け透けになりながらも熱演してくれています。でもね、でも・・・でも、いや、だからこそ、ホラーとしてはダメなんです。そう、これ、完全にホラーではなく団地妻映画になっているんですわw。

いや、実際、これ、団地妻感動(+なぜか微エロ)火曜サスペンス2時間モノとして見るとですなぁ、実に素晴らしい出来映えだと思いませんか? というよりも、否が応でもそういう視点で見るように強制されているんですが、この作品は。「私があなたのママよ」だなんて、もうめっちゃまんまなクライマックスじゃないですか。韓流なんてメじゃないっす。そして後日談のナレーションなんて、水戸黄門の印籠!って感じで、この監督、相当、ワカってますよ(笑)。

え? 火サスを下敷きにしてるからホラー失格なんて納得できない?

ん~、、、んじゃ、火サス的だと、正統ホラーとしては致命傷である理由をちゃんと書きましょ。ちょっと一緒に映画をじっと見てくださいね・・・。

はい、黒木サン出てきましたねぇ。お、怖い音楽になりましたねぇ。お化けが出てきそうですねぇ。黒木サン、まだ気付いていないみたいですねぇ。うなじがキレイですねぇ。映画の設定上、古くさいヘアスタイルしてるけど、黒木サンだとそれもまた妙に可愛いですねぇ。うーん、黒木サン、まだ気付かないみたいです。おーい!黒木サーーーン!僕はここですって!ココ!コッチ見てよぉ!

どうですか? 分かりました? え? そんなエロ親父の視点に付き合わせるな、ですって? 良いところに気付きましたねぇ。そこなんです。そこ。そこがまさにホラーとして致命的なんですってば。ホラー映画、と言えば、どんな映画にも必ず可愛いヒロインが出てきますよね。でもそれだけじゃないですよね。可愛いヒロインが可愛くなくてはいけない理由でもあり、可愛いヒロインが可愛いという事実を成立させる事実、それはなんでしょうか? そうです。誰かが見てあげないと可愛くても意味ないですよね。可愛いヒロインとそのヒロインに向けられる視線、それがセットになるのがホラーの文法なんです。そして、ヒロインは視線に気付きませんが、観客はいやでもその視線を意識させられる。ヒロインをじっくりたっぷりと嘗め回すように注視する(たぶんお化けさんの)シ・セ・ン。で、ここまでは「仄水」もクリアしてますよね。

んでね、続けますと、何でその「視線」の存在を強烈に見せつけるかと言えば、もちろん、恐怖感を煽るため、っていうのは良いかと思うんですが、それによって恐怖感が煽られるためには、単に視線の存在が意識させられるだけではダメなんです。その視線を、観客がどちらの側から意識をするか、が非常に重要になるんです。正解はもちろん、ヒロインと一緒に「見られる側」として視線を意識する方です。「あ~、どこかから僕のことをお化けが見てるよ~。でも僕の方はお化けを見ることはできないよ~。お化けはどこにいるんだよ~。怖いよ~。暗いよ~。早く逃げないと~。ヒロインさん、早く逃げてよ!」(「暗いよ~」は余計でしたw)となれば、あなたはまんまとホラーの文法に乗っちゃったわけで、後はもう、不定冠詞「a」の後に自明に単数形名詞が続いていくかのようにあなたは恐怖にはまりこんでいくわけです。

と・こ・ろ・が! 「仄水」はどうでしょうか? 先ほど、しつこく変態親父視線をトレースしてもらいましたが、「仄水」では、美しくも清楚な黒木サンを物陰から執拗に変質者視点で見つめ続ける、まさに火サス的な「視線」が提供されるのみで、あなたはヒロインと一緒に逃げるどころか正反対に「変質者」の側に身をおくわけです(ここで、また「お化け」ではなく「変質者」目線なところが完全に監督が火サス的なものを狙っているようでウケるところなんですが)。

これは単なる演出のミスではなくて、完全に狙っているんでしょうね。しかも徹底しているのが、この「視線」は「お化け」すら超越した、完全に「観客」の視線になっていまして、そういう意味ではもうここで表現されているものは「劇場」としか言いようがないものなんですね。そう、劇場!まさに「火曜サスペンス劇場」なんですよ!火サスが「火曜サスペンスドラマ」でも「火曜サスペンスコント」でもなく「劇場」なのは、「激情」とかけた洒落なんかではなく、文字通り「劇場」であるからなんですねぇ。

というわけで、単にUジローがエロイ視線で黒木瞳を見ていただけだったのではないか、との疑惑も多少(?)は残るものの、いや、それこそは監督の狙いで、そういう意味ではこれはもうホラーなんかではないんだ!とちょっと強弁してみましたが・・・やはり苦しいな、、、 orz

・・・

あ、終わった・・・エンディングテーマ・・・あ~、そういえばこの映画、「シガスカオ」のテーマソングなんだよねぇ。この人、本当、才能あるよねぇ。なんて歌だっけ?

・・・ん? 検索しても出てこないぞ?
なんでだぁ?www
スポンサーサイト
  1. 2005/11/26(土) 00:11:24|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<鼠の祟り? | ホーム | 死にゆくあなたの中のアナタに復活の呪文なんてない>>

コメント

はじめまして☆
いつも勝手に読ませていただいてます^^
映画を視線から読み解いていくのは面白いですね。
読んでて思い出したんですけど
自分が一番怖かったカメラワークは、
“並んだ人々をザーッと流して撮っていったら
「映っちゃいけない者」が映ってしまい
しかし、それにカメラも役者もまるで気づずにそのまま流してしまう”
という映し方ですね。
(何の映画でしたか・・・)
また怪談のレビューもしてくださいね。
楽しみにしています★
  1. 2005/12/02(金) 00:38:28 |
  2. URL |
  3. うえの #-
  4. [ 編集]
それは確かに怖い!
はじめまして、うえのさん!
長々だらだらなテキストを最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

公開後に「映っちゃいけない」何かが映っていることが分かって騒ぎになることは、ときどきありますよね。でも、うえのさんの挙げたカメラワークでそういうシーンが出てくる映画は知らないので、私もぜひ見てみたいです。映画のタイトル、思い出されたら教えてくださいね。

怪談の方もまたネタを見つけて書きたいと思います。今後もよろしくです!
  1. 2005/12/02(金) 01:17:06 |
  2. URL |
  3. 幽二郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ujiro.blog7.fc2.com/tb.php/37-262e257f

仄暗い水の底から

金曜ロードショーにて。これを観て、“ダークウォーター”を観ようか考えようかと思ったが、これでは・・・・・。理由は以下。・ 鈴木光司の原作。鈴木作品の根幹は、“家族”。  リングでも同様だったが、黒木瞳と娘をみて、案の定、切ないラストかな?  と思ったら、
  1. 2005/11/26(土) 21:13:48 |
  2. うぞきあ の場

幽二郎

03 | 2017/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。