月の裏

怪談や都市伝説などのいわゆる「怖い話」を紹介していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スイーツ(笑

会社を出た後、ふと気がつく。
今日は妻の誕生日だ。
幸い駅のケーキ屋がまだ開いていた。
ケーキを2つ、買って帰る。

箱を開けた妻は怪訝そうな顔をした。
どうした?今日は君の誕生日・・・

娘が出てきて箱を覗き、不機嫌そうに言う。
どうして私の分がないの?
妻が苦笑いして言った。
しっかりしてよ
うちは三人家族でしょ?

そうだ。
そうだった。
なんで忘れていたのだろう?
ケーキを食べたのに、寝るまで娘の機嫌は直らなかった。

目が覚め、私が食卓に降りていくと
娘が朝食の支度をしていた。
どうした?ママはまだ起きてこないのか?
一瞬、不思議そうな顔をして娘が言う。
パパ何言ってるの?
ママはとっくに・・・。

ああ、そうだったな。
朝食を食べ、私は家を出る。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/29(水) 21:36:42|
  2. 出典??|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

顔キレイナビ

最近のデジカメは瞬時に人間の顔を検出してそこにピントを合わせてくれるそうだ。だが知人の撮った写真はピンぼけばかり。カメラは一体、どこに人の顔を見たのだろうか。
  1. 2007/10/14(日) 00:35:49|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

必ずしも素晴らしい人間にならなくても良いと死者が語る

普通の人であれば誰だってなるべくは良い人でありたいと思うわけだ。自分の生の限り自分なりには精一杯に生きて周りの人に良い影響を与えるような人になりたい、周りの人の助けとなりたい。そんなふうに心の底では願い、そしてそのあまりに理想的な理想は当然に満たされず失望することが多いのだが。

だがしかし、もしあなたが周りの人にとって素晴らしい存在、周りの人の大きな支えとなる存在であればあるほど、皮肉なことにもしもあなたを失ったときの周囲の人が受ける傷は大きい。

人間は弱いようで強いから、たいていの人はそうした傷をいつかは乗り越え、そしてその傷を乗り越えたときその人はあなたを失う前の自身よりもさらに一回り成長した姿を見せてくれる。だけどしかし、運悪く人生の大切な時期、あなたを失うにはまだ早すぎる時期にあなたを失ってしまった人は、最後にはその傷を乗り越えることができるのかもしれないけど、その傷を乗り越えるためだけにほとんどの人生を費やしてしまうというようなことになってしまうことはないのだろうか?

生きている限りは精一杯、理想に近付こうとする生者の努力は全く否定できるものではないし、何よりもその姿は美しい。だけど、たまにはその歩みを止めても良い。いやむしろときには止めてみるべきだと思う。

死者に語りかけ、死者を弔うようでいて、実は耳を澄まして声を聞かなくてはいけないのは私たちの方なのかもしれない。還らなくても迎えなくても死者からのメッセージというものは確かに存在するのだろう。
  1. 2007/08/12(日) 02:13:06|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブログの本当の怖さを知っていますか?

長らく更新をしていなかったような気もするが、まあこの手の系統のブログではよくある話で、むしろこんな鬱陶しい話をコンスタントに量産できる人の方が個人的にはちょっと心配になってしまう今日この頃ですが皆様イカ臭くお過ごしでしょうか?HAHAHA!

・・・

さて、それはさておき、実は上の話はご挨拶ではなくて今日の話の本題なのである。

今、「こんな鬱陶しい話をコンスタントに量産できる人の方が個人的にはちょっと心配になってしまう」と書いた。だが、世の中、まさにそういうちょっと心配になってしまうペースで創作活動をされているということも知って、恐ろしくなっているのである。

最近、私がオカルト系でよくチェックしているサイト(ブログ)にこんなところがある。

(注意!)
グロ系、特に肉体損傷系を好む作風なのでご注意下さい!!!
絵柄はかわいい系というかそんなにグロくないですが、結構、ショッキングな表現もあるので苦手な人は見ないでください。

『怪談漫画ブログ「誘怪犯」』


まあ有名な話も掲載されているので、ここにいらっしゃる方々であればすでにご存じかもしれないが、このブログ、実に素晴らしい。

テキストブログとは違い、絵が入るブログ、特にそれがマンガともなると更新には相当なエネルギーが必要なのではないかと思うのであるが、上記のブログ作者さんはそんなことを全く感じさせず、非常に高い頻度で新作をアップされているのである。しかも多作にもかかわらず、その切れ味は全く衰えることなく、それどころかここ最近に来てのキレっぷりは凄まじいものがある。たとえば最近の作品を見てみよう。

EP62。「笑うセールスマン」を彷彿させる設定、「猿の手」を知ってるいる人は思わずニヤリとせざるを得ない小道具。そして、ベタだが笑いの方に振ってくるという点に意外性を感じるオチ。日替わりメニューのブログと思えば十分すぎる完成度である。

EP63。ある意味で美しく、成年男性の欲望を悲しく表現しているかのような芸術性すら感じる。こんなふうに眠りにつけたら・・・。見守ってくれるものなど何もないという恐怖の現実に眠れぬ夜を過ごす者にとっては、たとえ異界のものであろうと聖母にして娼婦である「マリア」がつねに側にいてくれることはどれほど幸福なことであろうか・・・。

EP64。恐怖マンガではあまり語られることのなかった新しい題材。だが、真価はそこにはない。琴美が怖い?それはガキだね。怖いのはむしろ高志だよ。
自分だけのマドンナ。女神を守るためなら片目くらい安い代償でしょう。そんな覚悟もないままに安易に愛だ永遠だと語る輩のなんと多いことか・・・。

・・・

可愛い絵柄にグロテスクな内容。

そういう猟奇的なマンガ家としては、氏賀Y太あたりが代表的な作家になるのだと思うのだが、そういう従来のマンガ家と上記ブログの作者「うえやま洋介犬」氏とは一つ、決定的な違いがある。

作品をブログという形で発表しているということだ。

氏賀Y太あたりがどんな恐ろしげな作品を書いたとしても私たちにはまだ救いがある。それはきっと単に仕事としてやっているのだろう。さすがに普段はそんな人じゃないんだろう。いくらなんでも毎日そんなことを考えているわけではないだろう。

だが、作品をブログで発表するとはどういうことか。

創作活動のペースが生々しいほどに分かってしまうということだ。

そう、ある意味、ここに化け物がいる、と宣言するようなことなのだ、それは。
  1. 2007/02/11(日) 00:43:33|
  2. 出典あり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

「恐怖のナポリタン」の正解

やはりこれはちゃんと記事として書いておかねばならない。

一時、さんざん熱くなって珍説を披露させていただいた「恐怖のナポリタン」だが、実はちゃんと正解が存在したのだ!

今まで誰にも解けなかった「恐怖のナポリタン」を見事に解いたのは、当ブログにコメントを寄せてくださったダイチさんという方。
だいぶ前の話になってしまいダイチさんには申し訳ないけれども、頂いたコメントをそのままここで紹介しよう。

はじめまして。

まず、「あなたが物語を思い描けば、それが真相だ」
という言葉(表現は違ったかもしれません)について、
賛成します。

僕の解釈では、これは単なる「注文の多いレストラン」の
オマージュ、あるいはサイドストーリーです。

根拠としては、まず冒頭部分の類似点。注文の~には、
「ぜんたい、ここらの山は怪しからんね。
鳥も獣も一疋もいやがらん。」とあります。
ナポリタンにおいて、登場人物が極端に少ないことに
重なります。

また、ナポリタンの解釈としては、
幽次郎さんと同じように「人肉食」であったと考えます。
これが「注文の~」の世界であるなら、辻褄が合う訳です。
つまり、店長(山猫でしょうか)は、食材用ではなく
客用の出入り口から入ってきた主人公に対し、
最初に間違えて「山猫用」のナポリタンを
出してしまったのです。

実に見事である。まさに完璧だ。全く隙がない。これで全てのつじつまが合う。

私はこのコメントを読んだとき、正直、悔しくてたまらなかった。なんで真っ先に宮沢賢治の「注文の多い料理店」のオマージュという可能性はないのか、ということを考えておきながらこの正解が見えなかったのか・・・。

当ブログにおいてはダイチさんのコメントは2006年の9月30日に頂いている。つまり、遅くともダイチさんは2006年9月30日の段階では正解にたどり着いているわけだ。

一方、ネット上でこの話を紹介しているメジャーサイト、CROSSBREEDさんのところにもゆうきゆうさんのところにも今日12月19日現在まで、「正解」コメントは寄せられていない。

よって、私の知る限り、ダイチさんは「恐怖のナポリタン」を解いた初めての人間なのである!もし、ダイチさんがこの解釈を発表してくださったのが当ブログが初めてということであれば私は世界で2番目に「恐怖のナポリタン」の正解を知った人間になるわけで、そう考えると少しは悔しさも収まるというものである。

ダイチさん、ご名答を本当にありがとう!

・・・というわけで、せっつさん、これが「恐怖のナポリタン」の正解です。
これ以上の解答は少なくとも私は見たことがないし、私は100%の確信をもってこれこそが「恐怖のナポリタン」の答えであると断定します。
  1. 2006/12/19(火) 23:57:10|
  2. 出典あり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:77
次のページ

幽二郎

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search


プロフィール写真は月素材写真館のものを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。